ガラスコーティング カーフィルム 和歌山県田辺市 のりもの屋

コーティング・室内関連商品

ボディコーティング

コーティングとは!?

私がコーティングという素材に携わるようになってから、かれこれ20年以上の歳月が経ちます。
開業当時は、ポリマーコーティングと呼ばれる油脂系コート剤が主流で、十数年前にはそれまでの常識を覆すガラス系コート剤が登場し、最近流行の硬化型ガラスコート剤へと進化を遂げてきました。
コーティングの本来の目的は、旧来のワックス掛けをせず、簡単な洗車だけで美しい状態を維持させようとするモノでしたが、ガラスコート剤が登場してからは、『ガラス』という言葉のイメージから、”硬さ”・”強さ”や”耐久力”などが強調され、現在では数え切れないほどのガラスコーティングが販売されています。

コーティング選びのポイントは!?

ひと言で 『 コーティング 』 と言っても、種類や金額は様々です。
タイミングで言うと、新車購入時のディーラーセールスからの売り込みが一番多いのではないでしょうか。
「ガラスだから強くて長持ち!」 「水洗いだけでOK!」と言われて勧められるケースがほとんどのようで、種類も撥水型や親水性、価格も安いものから高価なものまでたくさんあります。
私も色んなコート剤を見てきて感じていますが、美しさを長期間維持する効果は価格に比例しないと考えています。コーティング特性が撥水性でも親水性であってもそれも同じだと思っています。
コーティング選びのポイントは、どのコーティングをするか!?ではなく、
施工する車種や色、使用・保管状況や今後どのようにお手入れをするか!?によってコート剤を選ぶ必要があると当店は考えています。

コーティングは下地が命!

新車と言えど、メーカーの工場から出荷されオーナー様の元に届くまでの間、自動車だけは姿そのまま運ばれます。あらゆる工業製品のなかでも梱包されずに輸送される商品は少ないですよね。
自動車の場合、そのサイズと、屋外で使用されるモノとしての意味では仕方ない事かも知れませんが・・
よって、新車でも写真左のように保管→輸送中にシミ等が付いたり、新車点検や納車時のサービス洗車で微細な洗車キズを入れたりしています(写真中)。
また、写真右のようにメーカーでの補修磨き跡(白いモヤ)があったりします。(微細なキズ消し目的)のりもの屋の「ミクロの眼」と呼ばれる特殊ライトでチェックすれば全ては一目瞭然なのですが、パッと見では分からないので、ディーラーなどでは下地処理の技術が無い理由で、そのままコーティングします。
コーティングは下地が命です!! のりもの屋では、適切な下地処理を行い、塗装を美しい素肌にしてからコーティングを施工するので、美しさも耐久性も違うのです。

コーティングで最も重要な『施工環境』

 
磨きやコーティング作業で、最も重要なファクターは、その作業工場の環境となります。
シャッターもサッシも無いようなオープンな工場では、施工中に砂塵やホコリによって、ボディーに要らぬ傷を付けてしまったり、コーティングの定着が不十分だったりします。
のりもの屋の施工ピットは、施工風景が見れるガラスサッシで密閉されており、ピット内には業務用エアコンも完備し、理想的な施工環境を整えています。
当店のコーティングは、室温や空気中の水分( 湿度 )によって、定着や硬化速度が著しく変化する極めて精密なコーティング施工となるので、施工環境と管理には万全を尽くしています。
磨きやコーティングを検討する際には、非常に重要なポイントになるのでご確認を。

のりもの屋のコーティングへの”こだわり”

現在、多種多様なコーティングが販売されていますが、当店はどのフランチャイズや組織に属することなく幅広く情報を収集、液剤や施工方法を検証し、常にお客様の愛車にとって最高のものをご提供できるよう研究を重ね、当店オリジナルの 『 ソラリス・コーティングシステム 』 を確立しています。
他では、色んなメーカーのガラスコーティングを数多くラインナップしているところをよく見かけますが、”流行のモノを売れるから並べた”だけにしか見えないのは私だけでしょうか!?
確かに商品説明はメーカーの受け売りで良いし、何か問題あればメーカーとソレを選んだお客さまの責任・・・コレがダメなら今度はコッチでみたいな・・・そんな売り方は当店には出来ません。
当店で取り扱うコート剤の多くは、原体メーカーより直接仕入れ、博士や研究員と直接やりとりし、素材のコンセプトや設計理念をよく理解し、それぞれのコート剤の理想的な施工方法を厳守しています。
素材をきちんと理解し適切に施工することによって、各コート剤が持つ特性やメリット&デメリットを正しく見極め、オーナーさまと愛車にとって最適なコーティングをご案内できるよう心がけしています。
クリスタルガラスは、ガラス成分のみで構成された超高濃度のガラスコーティングで、塗装表面を改質する能力は他に類を見ません。
複層化する事で強固な皮膜を確実に形成し、全反射の光沢を与え、数種の専用トップコートとの組合せにより撥水性・防汚性は最高レベルのガラスコーティングとして誕生しました。
 
アクアリウムは、高濃度のガラス成分と撥水成分を一つにした超撥水型ガラスコーティングです。
水が踊るように流れ落ちる撥水性と高い防汚性が特徴で、”水アカ”や付着物の目立つ淡色車においても高い実力を発揮しています。
洗車がとても楽しくなるコーティングです。
 
ロータスは、ハスの葉で知られるような”超撥水”と”超滑水”の性能を発揮する 『 フッ素 』 を特殊なバインダー(接着層)で結合させる事 成功した、画期的な新世代コーティングです。
濃色・淡色を問わず全てのボディーカラーにおいて、水や汚れを寄せつけない防汚性能を誇ります。
 
フルオリンは、濃色車などで目立つ”雨ジミ”などの固着物にターゲットを絞って開発された防汚性バツグンの滑水型フッ素コーティングです。
硬質なベースコートに、極限まで高められたフッ素を3次元網目構造の皮膜で絡みあわせた二層コートで、汚れをこびり付かせません。
屋外駐車の濃色車にお薦めのコーティングです。
 
タンタリウムは、硬質ガラス成分と柔軟な樹脂成分を3次元網目構造により絡み合わせた一層型ハイブリッドガラスコーティングです。
硬さと柔軟性をあわせ持ったフレキシブルなコーティング皮膜が塗装を保護し、深みをあたえ、お手入れを簡単にすることが出来ます。
当店のロングラン商品で好評です。
 
エフ-ポリマーは、微細な洗車キズなどを埋め、深みある艶を演出することができる、フッ素樹脂コーティング加工です。
耐久性はガラス系には劣るものの、ガラスコーティングには無い洗車傷などを隠蔽する効果が高く、濃色車などの洗車キズの目立つ車両には塗装にもお財布にも優しいコーティングとなっています。
 
エスアイ-スプラッシュは、特殊シリコーンとガラス成分を融合させた、撥水力&滑り性と光沢が自慢のライトコーティングです。
簡単な施工で、水が踊るように流れ落ちる撥水性と、つるつるスベスベ
なWAXとはまた一味違った感触を持つコーティングです。
下地(磨き)に費用のかかる経年車などへのローコスト施工が可能。
 
ボディーガードは、洗車の流れからそのままコーティングすることが可能な特殊シリコーンで作られた撥水コーティング剤です。
一般の撥水剤とは比較にならないほどの持続力が自慢で、洗車マニアも驚きの性能です。撥水型コーティングのメンテナンス・トップコート しても活用できる優等生です。
 

どなたでもお気軽にお問い合わせください。

のりもの屋
カーフィルム / 磨き/ コーティング専門店 のりもの屋
〒646-0021 和歌山県田辺市あけぼの44-10
TEL:0739-23-5800 FAX:0739-23-5801
E-mail: info@norimonoya.com

pagetop