フルボディーPPF GTR ニスモ SE !!

GTR ニスモ SE のブラックが入庫しました!

前回のニスモ同様にカーボンボンネットにPPFをインストール!

今回はブラックボディーなので、

車両全体にPPFを貼ります! 貼れるところ全部です^^v

ルーフはもちろん、リアウイングもです!

ヘッドライトはもちろんのこと、

複雑なバンパーもフル施工です。

前回のはカーボン部分だけだったけど、

バンパー上から斜めに落ちて曲がって折れての形状がぁ~~

貼っていくの楽しいぃ~~~~~~~^^

フロントフェンダーのダクト部分も、

細かなパーツをチョコチョコと精密に貼り込んでいきます!

コンピューターカットシステムさまさまです^^

ピンセットに小さいヘラ持って楽しくてしかたない^^

フロントフェンダーとドアにロッカーパネル。ここは跳ね石くらうからねぇ~~

リアフェンダーも大きくてピラーのところは曲がってるけど、

イメトレ通りでピッタリ収まりました^^v

一番面白かったのはココかな^^

丸形2連のテールライトとバンパーサイドの突き合わせ施工。

箱みたいに曲がっているお尻なので、さすがに一枚では貼れません。

この部分もコンピューターカットされたPPFを用いて、

慎重に慎重に位置決めしていきます。

ここが突き合わせラインです!って言われなきゃわかんないレベル。

バンパー下部の段々ダクト部分も楽しかったねぇ~~~

トランクにピラーにドアミラーとすべてのパーツに貼り貼り!

夫婦二人での施工なので、それなりに日にちもかかりましたが、

フルプロテクションフィルム施工の完了でし^^v

今回は、フロントガラスにも割れ防止のフィルムをインストール!

初めてのポリウレタン製だったので緊張感マックスでしたが、

なんのこっちゃない^^ 余裕余裕^^

バッチリ!何もないかのように貼れてます^^v

フルプロテクションのご予約を数台いただいてますが、

ずいぶん心の余裕がでてきました^^

初のフルPPFの時は何日かかるんだぁ~~!?

ほんまに期限まで貼りきれるのかぁ!?

こんなとこ貼れるんかぁ!?

と、アレコレ夢にまでみるほどプレッシャーを感じていましたが、

今はスイスイ上手に貼っている夢を見るようになりました(笑)

ほんまに本気で愛車を大事にされる方にはフルプロテクションおすすめです^^

ちと高くつきますが、

保護効果と安心感は絶大ですよぉ~~~^^

カテゴリー: ガラス関連, プロテクションフィルム, ヘッドライト関連 | コメントする

10月1日・2日は・・・

秋晴れの今日明日・・・

今年は久々の土日だったのに・・・

3年連続で印南祭はない・・・

新型コロナ感染症

いまだ毎日PCR陽性者の発表が繰り返されているが・・・

3年連続で中止とは・・・(泣)

2020年はね・・・なんや!?中国何ぞやらかしたんかぁ!?から始まったコロナ騒動。

世界的パンデミックじゃ、緊急事態宣言じゃ言うて騒いで、

夏には落ち着いていたものの、

秋から冬の乾燥期にかけて増えるぞ増えるぞと、

世間の空気がコロナ一辺倒だったので、

1年くらいは中止やむを得ず・・・だったけどね。

2021年はオリンピック開催に向けて陽性者は激減。

オリンピックのせいか、夏の行楽の影響か、高温多湿の真夏に陽性者増加も、

衆議院選挙期間中は微々たる数字に。

何が怖いのか知らんけど、またまた祭りは中止だと。

2020年の秋以降、仕事半分・コロナ騒動半分くらいの割合で色々調べてきたけど、

まぁ、テレビ・新聞しか情報のない人たちにはわからんやろね。

2020年の年末には、祭りできたんちゃうのぉ!?と思いつつ、

まぁ、これでコロナ騒動もフェードアウトかな!?と思いきや。

今度はオミクロンだと(笑)

もうええかげんにせぇ~やぁ~~~(怒)と思いつつ

政府・行政&マスコミからの情報と、

超反面の陰謀論やデマ情報まで幅広く調べまくり、

命・身体にかかわるワクチンについても調べつくし、

2019年以前の生活と現況を普通に、ごく普通に見て聞いて考えて、

政府・行政と日本人のアホさ加減にほとほと呆れ返ってる次第です。

いくらなんでも2022年今年の祭りはあるやろかい!!

と思っていたら、またまたまたまた中止じゃと~~~

テレビしかみていない情弱のコロナ怖い怖いジジィらが反対しとんのかい!?(怒)

と思ってたら、

青年団の若い人たちが、コロナ禍で職場に対して祭りが・・・って言えないと、

もともとほんの数人しか居ない青年団、

職業柄、祭りなんぞと言いにくいのはわかるけど・・・

そこなんかい!そうなんかい・・・と妙に納得せざるを得ない状況・・・・

祭りには、9月まるまる1ヶ月間、太鼓に獅子舞となど小・中学生の子供たちが役をもち、

毎夜2時間くらい練習をして本番に臨みます。

少数で毎晩練習し、祭りの準備をしての大変さは身を持って経験しているのでよくわかります。

仕事と祭り行事の狭間で葛藤することも多々。

そのうえコロナ騒動の体裁が・・・ってなると、祭り活動できません・・・ってなるよなぁ。

それならそれで、若い子たちが無理なら、

毎晩暇してるかつては青年団だったおっさん連中よぉ~さんおるんちゃうん!?

9月入って太鼓の音聞こえてきたら祭りかぁ~~って想うやろ。

ちょこっと練習見に行きたいなぁ・・・思っても

若い子らに迷惑かかったら悪いしなぁ~と思うのはわかる。

自分らが青年団だった頃、酒に酔っ払ったオヤジ連中が来てあれやこれや言われて、

鬱陶しく思ったこともあったからなぁ。

あの頃は、それなりにようさん青年団いたからええねん。

今は存亡の危機くらい若い連中おらんねやで!

そんなら、おっさん連中も、男も女も関係なく、練習や子供たちの世話したらええんちゃうん。

なんで青年団だけで練習・準備せなあかんねん!?

足りてたら任せたらいいけど、足らにゃぁ~助けたらええやん!

祭り当日はみんなで楽しむんやからみんなで準備したらええやん。

青年団だけでっていつ誰がどの時代に決めたんや!?

時代と状況によってはどんどん変えていってもええやんけ。

青年団からそんな提案があるの待っても出てることないでぇ。

そんでもなぁ~コロナ怖いよなぁ~って未だに言う人ばかりですが・・・

オミクロン以降何が怖いねん!

海外ではマもうスクなんぞしとらんぞ~~

岸田くんも天皇さんもしとらんかったやろ~~

エチケットやマナーや言うて体裁ばっか気にして

コロナより同調圧力のほうが怖いんやろ。

いつまでも子供たちにマクスなんぞつけさせたらアカン。

大人たちからやめないと子供たちは外せません。

と言うより・・・・・・

日がな一日同じマスクず~~っと付けてるあなた。

どんだけヤバイかわからんか!?

マスク表面にはいろんなウイルスや雑菌やゴミほこりがいっぱい溜まってるねんで。

そのマスクの表面つかみながら外して、また付けての繰り返し(笑)

そのマスクつけたまま飲食店に入って、飯食うときは表面掴んでアゴの下へ、

食い終わったらまた表面つまんでマスク付けて(笑)

ひとりでクルマ運転するときもつけっぱなし・・・

家へ帰ってもそのままつけて入り、外したマスクはテーブルの上へ・・・(笑)

ホンマにヤバイウイルスとか菌やったら、あんたら間違いなく真っ先に逝くよ(大笑)

ウイルス感染対策には感染対策用のちゃんとしたマスクがあり、

マスクには正しい使い方ってのがあんねん。

政府・行政が言ってくれたら・・・・というあなた。

それらしいニュアンスで喋ることはあっても、この先はっきりとマスク不要!って言うことなんてないぜ。

誰も責任とりたくない、責任を負いたくないって人ばかりだから。

その上ワクチンってか・・・・・(笑)

知らんぞぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(爆)

PCR陽性者は、PCR検査で陽性になっただけで、

新型コロナウイルス感染者ではないですぞ。

全数把握の見直しや、みなし陽性やHER-SYS入力者数どうのこうの言うて、

小手先の小変更ばかりやっているけど・・・

もはや何の意味もない。

陽性者が増えた減ったいうて流行り挨拶みたいに言うてるけど、

あなた方ひとりひとりが世の中をおかしくしているのですぞ。

何も危ういものは無いのに雰囲気だけで中止となった印南祭のボヤキ投稿でした(笑)

とか言いながら、

田辺 弁慶祭りが今日開催され、花火大会も行われます!!

田辺市の決断すんばらしぃ~~~~

花火だけでも見に行こう^^

カテゴリー: のりもの屋の日常, 未分類 | コメントする

ポルシェ・ケイマンGTSにPPF施工!

ポルシェ・ケイマンからポルシェ・ケイマンGTSに乗り換えになられた常連さま^^

前車はフロントフルPPFでしたが、今回はロッカーパネルも追加で。

まずは、フロントフルのボンネットから

ボンネットのPPF施工は端部を裏側に巻き込んでの施工です。

フロントフェンダーとヘッドライトにもPPF施工。

フロントバンパーはコンピューターカットされたフィルムを貼る場合と、

今回のように、ロール出しで型を合わせながら貼る方法があります。

型なしでも貼れるでぇ~~の勢いで^^v

フィルムを乗っけてストレッチしながら貼り貼りで。

いきなりの完成の写真(笑)

ポルシェはヘッドライト外すのも簡単だし余裕です^^

やっぱ飛び石の被害多いっすわぁ~~とのことで、

今回は、ロッカーパネル全体にもPPF施工を!

ダクトの部分はどうだろ~~と心配していましたが、

この部分も型無しで余裕^^v

ドアミラーも飛び石と虫の衝突被害が多いのでとリクエスト。

ホワイトカラーなのでPPFの端部が見えると汚れ線が見えるので、

ぐるっと全体に巻き巻きの無理やり施工で挑みましたが・・・

やはり・・・ちょっと浮きがでて・・・(汗)

はい!貼り直します^^

PPF施工した以外のパネルは磨き&コーティング施工を!

リアバンパーサイド下部を飛び石対策で部分PPF施工と、

ホイールコーティングも塗り塗りして、

ケイマンGTSくんの完成です^^v

PPF施工、難しいけど、めっちゃ楽しい仕事っす^^

カテゴリー: プロテクションフィルム, ホイールコーティング, ボディーコーティング, 未分類 | コメントする

当たり前だけど・・・結果が最も重要!

5~6年位前からにぎわい始めたペイントプロテクションフィルム(以下PPF)市場。

いろんなPPF製品がリリースされるたびに暴露テストを行ってきました。

世界を見渡せばすんげぇ~数のPPFが売られていますが、

各時点で日本で入手できる期待値の大きいPPFを主にテストしています。

今回も期待大の製品が手に入ったので、今日から早速テスト開始です^^

製品として出来上がったものを、わざわざテストする必要なんてあるの!?

と聞かれそうですが・・・

今回のテストのために、これまでのテストで真っ先に落選したPPFを剥がしました。

このテストピースは、塩ビのラッピングフィルム(グロスブラック)の上に貼っています。

一番外側の灰色く濁ってシミだらけになっているところが3年経過の塩ビ・ラッピングフィルムの結果です(残念・・・・)。

塩ビフィルムは日射の影響や雨水の影響をモロに受け3年でこのような結果に・・・

半分だけPPFを剥がしました。

右半分の黒光り部分は、PPFによって守られていた塩ビ・ラッピングフィルム面です。

しっかり守られています!

左半分は、各社PPFのなかで最も早く雨染みだらけになり、光沢感も激落ちしたPPF表面です。

塩ビ・ラッピングフィルムに比べると若干光沢感は残っているものの・・・

雨染みだらけで残念な結果です。

PPFの目的は塗装の保護なので、保護という観点だけならしっかり守られていますが、

保護目的で貼ったフィルムそのものがズタボロになって見苦しくなるなんてアリエナイ!

この落選ナンバー1 PPF、業界人なら誰でも知っているメーカーで、

来店した営業マンは、

「大阪のPPF施工店の○○○さんからXPELと遜色ないクォリティーだと評価をいただいてます!」

と自信満々に豪語しておりました(笑)

その結果が一年を待たずしてズタボロ・・・・・

これが現実! これが製品の結果を見るための暴露テストの必要性です。

メーカーや問屋、営業マンの言うことなんて信用できまへん!

騙してやろうと思っているのではなく、何も知らないだけなので、罪があるのか無いのかは知らんが(笑)

10年くらいPPF製品に関わってきて、カーフィルムを入れると四半世紀以上になりますが、

施工不良以外の、これって製品の問題だよね!?と思ったことが何度もありましたが、

まず責任をとってくれることなんてなかったっすね。

まぁ、ええとこ「今後の参考にさせていただきます」って回答が関の山。

なので、製品選びには慎重に長い目で結果を見ないと、お客様に正しいご案内ができません。

車庫保管で雨の日にはあまり乗らないようなクルマであればどんなPPFでもOKだと思います。

洗わずにホコリを拭き取るくらいのお手入れのクルマには自己修復タイプが好まれるのかなぁ。

当店が目指しているPPFの姿とは、

「貼るコーティング」なので、

基本コンセプトは、毎日の足として乗って、雨風・日射にさらされて、年中青空駐車で、洗車は月イチ程度で、どれくらいPPFの美観をともないながら保護できて、剥がしたいときにきちんと剥がれること。

貼るコーティングとして活用したいクルマの部位は、どのような塗るタイプのコーティングを持ってしても守りきれないボンネットやルーフなどの水平面!

4年以上前だと、なかなか貼るコーティングと呼べる製品もありませんでしたが、

ここ最近は、PPF製品の表面層にガラスやセラミックやフッ素樹脂などのコーティング層が備わった製品が続々とリリースされています。

ガラスコーティングが注入されたPPFだから安心!?

セラミックコーティングが乗っかった製品だから完璧!?

フッ素樹脂コート付きだから汚れに強い!?

んなもん、なんぼ話を聞こうが、データーシートを読もうが、特許文面を見ようが、わかるはずがない!!

最も重要なのは現実の結果です^^

貼りやすい、貼りにくい、貼り屋さんはこの事しか言わないが・・・・

もうちょい脳みそ進化させましょうやぁ~~(笑)

進化した人いたら連絡くださ~~い^^

進化したい人もOKでぇ~す

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ヘッドライトリペア&プロテクション!!

これまで歴代の愛車にヘッドライトリペア&プロテクションフィルムを施工させていただいたお客様より

仕事用のクルマでヘッドライトが黄ばんでめっちゃ傷んでるんだけど、まだまだ仕事で使うのでキレイにしたいとのご要望でお預かり。

見事に曇りまくってます(笑)

サンディング研磨さえすれば、この形状は超かんたん^^v

養生して研磨すれば左右で大違い!!!

黄ばみ&すりガラス調になるまで劣化したヘッドライトも

まるで新品みたいな透明感と輝きに!

プロテクションフィルムを貼って保護しておけば再劣化はありません!!

プロテクションフィルムのもうひとつの利点は、

新車からの保護!!

ミツビシEKシリーズの新車ヘッドライトにPPFを!

この形状も余裕っす!

VWティグアンのヘッドライト!

和歌山市よりお越しいただきました^^

二段に分割しているけど、サクサクっと貼り込み^^v

欧州車は楽勝が多いね^^

最近の国産車の形状はこんなのが多いですねぇ~~

長くてギュィ~~ンと曲がっておりまする(汗)

んでもご安心を!ピッタリ一枚で貼ってます^^v

まぁまぁ~余裕です^^

日産・ノート

見えるかな・・・内側の縦の出っ張り(汗)

ボンネットラインにそそり立つ壁・・・

この2ポイントを除けば何てない楽勝形状だけど、

こんな小さな出っ張りや溝や壁がややこしい(大汗)

新車から数年経っているけど、まだまだキレイな状態なので今のうちに!!と

すっごい気持ちが伝わってきたので気合のインストールです。

お友達が中古で購入したヴェルファイア!

ゴールデンアイがキラリと輝いています!

二段わかれの形状だけど、頑張って研磨&PPF施工完了!

ほんの一部しか劣化していなかったけど、放置すればまたたくまに劣化します。

ハードコートのみの劣化だったので、まんま新品になりました。

クルマだけじゃなくバイクにもプロテクションフィルム!

BMWのバイクでかいよぉ~~~

フロントシールドが虫の衝突や飛び石で傷がつかないようにPPFを!と

シールド外して取り付け部の中まで&隅っこまで^^v

大きな目でにらまれながらヘッドライトにもPPFを!!

たまにはバイクの仕事もいいねぇ~~

と、たまにはちょいと違うアイテムを!

アバルトのヘッドライト! 純正はこんなだけど、

イメージチェンジでライトスモークの薄~い色付きのPPFをインストール。

これくらいの色合いだと光量も落ちなさそうだし、いい感じです。

常時在庫品ではなく、材料お取り寄せになりますが、対応可能です^^

ヘッドライトのプロテクションフィルム

新車からの施工をおすすめします!

というより・・・・

新車時に貼らせてくれぇ~~~

サンディング研磨でリペアもできるけど・・・・

粉まみれで鼻&口のまわりカピカピやん(>_<)

マスクせぇてか!?

普通のマスクなんぞ意味おまへんねん。

この粒子で鼻も口も粉だらけになるねんで・・・

ウイルスなんぞ・・・・・・・・

防毒・防塵マスク必要なんだなぁ~~~

暑苦しくてそんなのできるけぇ~~~~

で、身を切って作業してまする。

若い作業員さんは完全防備でお仕事してねん。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

GTR・NISMO SE PPF施工!!

10年前から「貼るコーティング=PPF」を推進してきた のりもの屋ですが、

PPF本来の目的であるストーンガード(飛び石傷防止)のお仕事も入庫します。

今回はスペシャリティーカーの日産GTR・ニスモ スペシャルエディション!

シルバーとブラックカーボンの組み合わせがカッコいい^^

このオーナー様からは、シルバー塗装部は目立たないので、

とにかくブラックカーボンの部分をPPFでフルカバーしたいとのご用命。

精密にコンピューターカットされたPPFを慎重に貼り付けていきます。

こんな凸凹の形状でも一枚でピッタリ貼り込めます!

フロントバンパーのプレカットフィルムには、赤い部分のPPFも用意されていたので、

ここもピッタリ貼り込んでいきます。

最下部のリップスポイラーも、ぐるっと端から端までインストール!

なかなかの精度なので貼っていてめちゃ楽しいぃ~~^^

カーボンボンネットもPPFフルカバーです!

端部は巻き込んでいるので、ホント貼っていることがわからないくらいです。

エアーインテーク部分もバッチリの仕上がり^^v

もちろんルーフも!!

ルーフモールも外して内部まで巻き込み、

フロントウインドウとの境目もゴムモールの中までインストール!

でっかいリアウイングの上面にもPPFを。

ボンネット・ルーフ・ウイングなどの水平面は雨染み被害の防止としての役割も。

フロントタイヤで跳ね上げられた小石からの傷防止としてサイドステップにもPPFを!

飛び石被害の一番酷い前向き部分は二重貼りです。

リアタイヤからの跳ね石傷防止でリアバンパーサイドにもPPF!

こんな形状に貼るのってめっちゃ楽しいねぇ~~

写真撮るの忘れたけど・・・

ドアミラーにも貼り込んでます^^v

たまにはこんなスペシャリティーな車もいいねぇ~~

なんて思ってたら・・・・

GTR次々入庫しますよぉ~~~

くそったれコロナの影響で新車の納車がずいぶん遅れているようですが・・・

今年後半からはPPF祭りの予感が^^

またまたご紹介しますね~~

貼りもの屋になりつつある のりもの屋でした(笑)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

暑さ対策には「クアンタム」!!

毎日暑い日が続いてますね~(汗)

今年は雨や曇りの日が多いので蒸し暑い夏って感じですが、

来週くらいからは晴れ間も多くなって日射が厳しくなってくる雰囲気です。

クルマの暑さ対策には、ソーラーガード・クアンタムがオススメ!!

四半世紀以上、遮熱フィルムの代表作として世界中で愛用されている製品です。

日本では取り扱いしている施工店も少なくなってきていますが、

のりもの屋では24年ずぅ~~~っとクアンタムイチオシです^^

車内空間が広大なミニバンなどには必需品。

ガラス&フィルムに熱がモリモリに溜まる熱吸収タイプではなく、

金属スパッター被膜で太陽熱を反射するフィルムだから遮熱効果は絶大!

俺も後ろに座りたぁ~い!と思うほど日差しが和らぎ快適になります。

ウチのクルマにはすべてクアンタムが施工済みなので、

家族から「暑い~」って言葉聞いたことがありません。

奈良県からお越しの日産・セレナ。

のりもの屋へのクアンタム施工のご依頼は近畿二府四県からは日常。

遮熱効果とともにクアンタムユーザーが絶賛するのが車内からの視認性の良さ!

着色していないので景色の色目もほぼ変わらず、

特に夜間の視認性の良さは着色フィルムとは比較になりません。

湾曲したリアガラスも当たり前の一枚貼り^^v

国産スモークの1.5倍の厚み+金属の硬さで、

一枚貼り成形ができない・・・というヘナチョコ職人もいるみたいだけど(笑)

8年半ぶりのご来店で「今度は息子のクルマにクアンタムを!!」 と、

嬉しい限りのご用命です^^

一度経験するとクアンタムなしでは乗れなくなりますよぉ~~

毎回クアンタムをご依頼いただくオーナーさま、今回はアウディA5。

プライバシーガラスではなく、透明グリーンガラスへのクアンタム施工。

エレガントなルックスでめっちゃカッコいい!!

惚れ惚れしますねぇ~~^^ 

小さいお子様がいらっしゃるオーナーさまぁ~~

子供のためにもクアンタムを~~~^^

カテゴリー: 未分類 | コメントする

PPF(ペイント・プロテクション・フィルム)

2ヶ月ぶりの更新です!

今夏にはコロナ騒動も忘れ去られると思っていましたが・・・

連日コロナ感染者数最多更新キャンペーン中の世の中・・・

感染者じゃなくてPCR検査陽性者だろ!

と、毎日毎日ツッコミまくりの のりもの屋オヤジです。

筋骨の弱りや痛みはありますが、流行病なんぞ関係なくがんばってます^^v

コロナ騒動を喋りだすと止まらないオヤジなので・・・本題に行きますが、

2012年から10年越しにカーディテイリングの最終形とも考えられる

PPF(ペイント・プロテクション・フィルム)施工の依頼が拡大してきています!

傷やシミなどが目立つブラックボディー&スズキの軟弱塗装。

毎日の足として使用し、年中雨風と日射にさらされる過酷な条件。

どのようなコーティングでも根本的な保護は不可能だと考え、

貼るコーティングとしての位置づけでPPFを推奨し続けてきました。

傷みやすいボンネットはもちろん

ルーフへの施工も多くなってきています。

すでにこの車両は2年以上経過していますが、

先日現車確認したところでは、ほんのわずかなシミのみのキレイな状態でした。

水道水の硬度が高い奈良県からお越しいただいたお客様。

純水器の導入など、こだわりの洗車メンテナンスを続けておられる様子で、

塗装やコーティングでは考えられない状態をキープされているのは、

PPF表面に施されているフッ素トップコートも良き結果の一因。

以前の車両でのセラミックなんちゃらの結果とは大違い(笑)

常連様のゴルフボンネット!

車を入れ替えるたびにPPFをご用命いただいてます^^

ゴルフ純正のブラックルーフ。

しっかりクリア塗装で覆われてはいますが、PPFで守ります!

かつらぎ町からお越しのマツダ・フレアくん。

毎日乗る車だからこそキレイに維持したい!と、

のりもの屋では、ずいぶん前から軽自動車へのPPF施工が多いんですよぉ~

ボンネットはもちろん、

ツートンスタイルなのでルーフにもPPF施工を!

PPFだけでなく、お手入れ楽ちんなコーティング施工はもちろん、

車内快適なソーラーガード・遮熱カーフィルム「クアンタム」や、

ガラス撥水加工など、フルセットでの受注も多くなってます^^

ヘッドライトPPFは、新車購入時には当たり前のアイテムになりつつあります。

もちろんPPF施工でよく見かけるスポーツカーの入庫も急増中!!

フロントフルセットPPF

ボンネット、フロントバンパー・フロントフェンダー、ヘッドライト

これ基本形ですね^^

アイディーRS3スポーツバック

こちらもフロントフルPPF施工に、

飛び石被害が悲惨なサイドステップにもPPF!

その他、傷みやすい部分とルーフまでPPFで覆い、

その他部位はコーティング施工に、

一度経験したらやめられまへんなぁ~の遮熱フィルム「クアンタム」と、

盛りだくさんで施工させていただきました^^

こちらの黒ポルシェくんもフロントフルPPFですぅ~~

車庫保管だから基本的には汚れたり傷んだりしにくいけど、

走ったら飛び石被害にあうのは間違いないやろぉ~~と言うことで、

前面部分はPPFでフルカバーです。

VWカラベル、オーシャン、ビーチと3台目ですが、

こちらも高速クルージングが多いのと、

箱型形状で飛び石被害は初代カラベルで経験済みなので、

2台目のオーシャンからPPF施工して、結果を実感済みなので、

ビーチもPPFフロントフル施工だす^^v

当店のホームページ&暴露サイトを隅々までご覧くださった女性ユーザーさま。

長く大切に乗りたい!との想いで色々調べられたそうです。

ご来店時には個々の説明は不要状態^^

ヘッドライト・グリル・ボンネットへPPF施工!

ツートンスタイルなので、ルーフはもちろん、

ピラーやスポイラーにもPPF施工を!

フロントのリップスポイラーやドアミラーなど、黒いパーツの部分すべてにPPF!

PPF以外のパールホワイト部分には、ガラスコーティングを施工。

とにかくデカイ!! のゲレンデくん。

飛び石対策は必須!!と、フロントフルPPF施工をさせていただきました。

なかなかのボリュームの仕事でしたねぇ~~!

のりもの屋では、車両や使用保管状況をお聞きして、

使用するPPFのご案内を個別にさせていただいています。

ボディー形状にぴったり沿うようにコンピューターカットされたPPFを

貼り付けるPPFの基本スタイル施工から、

カットデーターが無い車種については、ワンオフで型起こしも可能。

形状によってはラップ貼りも行うオールマイティー施工で対応しています。

奈良県の同業者さんからの出張施工リクエストにお答えして、

旧車BMW3のボンネットにPPF施工!

今では珍しい開き方のボンネットで少し戸惑いながらも、

完璧な準備をしてくれていたので、気持ちよく作業できましたぁ~^^

最近流行りつつあるグロスカーボンPPF。

高額なのが唯一の難点ですが(汗)

この艶感をみたら高くとも即決してしまうでしょうねぇ~の綺麗さ!

命の一枚、初体験フィルム、しかも超高額、とドキドキ施工でしたが~

慎重に・・・慎重に・・・と、なんとか上手くおさまりました^^v

PPF施工

10年前に「これしかない!!」と決断し、

いろんなフィルムを触って、検証して、良いのも悪いのも経験し・・・

ちゅうか、

初期のものはとても「貼るコーティング」とは呼べないモノでしたが・・・

いまではずいぶん良くなって、やっとこさ「貼るコーティング」と

自信をもって呼べるような製品が出てきてます^^

お金を払えばPPFの基本は教えてくれる講習会もあり、

オヤジも受講はしましたが、教えてくれるのはあくまでも基本。

現場は違います(泣)

のたうちまわって、汗と涙を流しつつ、

不機嫌になって嫁さんにもずいぶん嫌な思いをさせました・・・

突撃でおしかけたにも関わらず、施工現場を見せてくださった同業者さん。

ひとりでは何もできないオヤジをサポートしてくれた人がいたから、

なんとか自信を持って貼れるようになりました!

施工させていただいたお客様もちろん、感謝しかありません。

PPF製品もどんどん良くなっていくと思います。

オヤジも現状に満足することなく進化させていきます!

なによりも、結果が残るこのPPFの仕事が楽しいぃ~~んだな^^

現在も続々入庫中でなので、またまたお仕事紹介しますね^^

PPFワンメニューのご紹介となりましたが、

本日はこのへんで・・・

お盆は13~15日は休むと思います。

では^^

カテゴリー: のりもの屋の日常, プロテクションフィルム | コメントする

カフェオレロケット

助手席カップホルダーに置いていた飲み残しマックカフェオレが~~~

カーブでハンドルを切って曲がっていると~~

ビューン~~ドカァ~~ン~~~バシャァ~~~と

足元にぶちまけたそうで(>_<)

フロアカーペット全体的には足マットがあったので被害は少なかったけど。。。

運転席・助手席を外してフロアカーペットをめくってみると・・・

運悪く・・・助手席取り付けの隙間からフロアパネルに流れ出てるじゃぁ~ん

写真は運転席の足元

助手席足元にもチョロチョロと・・・

コーヒーというか・・・牛乳というか・・・ 微妙なニオイがしてまする・・・

気温も湿度も高いので、そりゃ~閉め切った室内は臭うわな(汗)

で、

ご本人さん、ネットで情報収集して「重曹」を!!

毎度毎度、どんな処理にも「重曹さん」登場です(><)

ハッキリ言いますが!!!

車内に漏洩した液体ものの臭いなんぞ絶対に重曹では消えません!!

車内は複雑な形状なので、どこに流れ出てるかわかりません。

見えているだけの表面を重曹などで処理しても、

すべて処理できるわけではないので、どこかにブツが残っている限りニオイは出ます。

さらに厄介なのは!!

重曹や洗剤・お酢などで処置されますと、

さらに被害が広がるので、絶対にやめてください!!

余計な費用がかかっちゃいますよぉ~

やっちゃった~(>_<)場合は、液体やブツのみを拭き取って処置し、

何もしないで早急にご相談ください!

飛び込みルームクリーニングのお仕事紹介でした^^

カテゴリー: ルームクリーニング | コメントする

のりもの屋パンフレット

またまたお久しぶりの投稿です(笑)

心身ともに病むことをしらないオヤジは元気に頑張ってます^^v

コロナ騒動なんぞ笑うしかありません。

前回はホームページをいじくってみましたが

今回はアナログ的なものも大切だと思い、

のりもの屋の総合パンフレット的なものを作ってみました!

これまでのコーティングやカーフィルムはもちろん、

お問い合わせ急増中のヘッドライトリペア&プロテクションフィルムや、

注目のペイントプロテクションフィルムを詳しくご紹介しています。

空いた時間で配りにまわるのでよろしくでぇ~す^^

お店とかに置いてくれたらめっちゃ嬉しいっす!

ご連絡くださ~い^^

カテゴリー: のりもの屋の日常 | コメントする